配慮を欠いた説明

「平成30年7月豪雨」では各地で甚大な被害が出ており,また,多くの死者や行方不明者が出ています。平成になってからの最悪の水害だそうです。気象上の悪条件が重なった結果大雨が降ったとのことです。

NHKのニュースの中で解説している天気予報では,今回の大雨が予想された時点で水害から身を守るための方法を伝えていました。例えば,以下のようなことです。

夜になり避難所へ行くことが危険な場合には自宅で身の安全を守ること。例えば,2階以上の高いところへ避難すること(垂直避難)。土砂崩れが想定される斜面の近くに住んでいる場合には,自宅の中で斜面から離れた部屋に避難すること。

これら避難方法は,今回だけではなく,大雨が予想される場合にはこれまでも事前にNHKのニュース(天気予報)で伝えていました。

この避難方法を聞いていていつも疑問に思うことがありました。

それは,垂直避難のことです。

「2階以上の高いところへ避難すること(垂直避難)は理解できるが,平屋に住んでいる人はどこに避難すればよいのだろうか?」

ということです。

なぜ,このような内容を今回のブログで書いたのか・・・・

それは,今回の水害で自宅が浸水したため自衛隊に救助された女性の話をニュースで聞いたからです。

「自宅は平屋なので2階に避難できなかった」

その方は家族とともに外れた自宅の戸にしがみついていたそうです(詳しい状況は聞き逃しましたが)。

今回,町全体の27%が浸水した岡山県倉敷市真備町の状況をヘリコプターで上空から撮影した映像を各局のニュースで見ましたが平屋の家もありました。

日本のすべての住宅が2階以上の建物ならば垂直避難が成立します。しかし,そんなことはありません。平屋に住んでいる方も多いと思います。

「垂直避難をしましょう」は,あくまでも,2階以上の建物に住んでいる方に向けた避難方法です。

「垂直避難をしましょう」は,平屋に住んでいる方に対する配慮を欠いた説明だと思います。

水害から身の安全を守る方法を伝えることを目的としているのだから平屋に住んでいる方の避難方法も伝えるべきです。

例えば,「平屋に住んでいる方は,安全に移動できるときに早めに避難所などに避難しましょう。自宅に水が流れ込んできたときに自宅内で避難できる場所がなくなるからです」・・・などのように避難方法を伝えたらよいと思います。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 令和最初のブログ令和最初のブログ 2019年5月1日(水)から元号が“令和”に変わりました。   昭和から平成に元号が変わるときには,今回のような祝賀ムードやお祭り騒ぎはありませんでした。こ […]
  • 経験することでわかること(学ぶこと)がある経験することでわかること(学ぶこと)がある 確定申告の時期が来ました。確定申告の期間は2019年2月18日(月)から3月15日(金)までです。   今日から確定申告書の作成を始めました。提出期限間近に […]
  • 年度末と新元号年度末と新元号 明日は3月31日(日曜日)です。平成30年度,2018年度も明日で終わりです。「平成○○年度末」という表現を使えるのも明日が最後です。   昨日,NHKのニ […]
  • “10連休”と“国民の祝日に関する法律(祝日法)”“10連休”と“国民の祝日に関する法律(祝日法)” 2019年5月6日に掲載したブログのテーマは“10連休”でした(こちら)。   今回のブログも10連休に関連した内容です。   201 […]
  • 天災は忘れた頃来る天災は忘れた頃来る 日経コンストラクション・2019年3月11日号の特集は,「『想定外』を迎え撃て」でした。 *日経コンストラクションについてはこちら。 JTAPCOブログでも,日経 […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 オーム社で購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る