デザインを考える(その2)

2018年12月24日に「デザインを考える(その1)」をテーマにしたブログを掲載しました(こちら)。

デザイン・ルールズ(こちら)という本から学んだことを基に,文書を書く場合に適用するデザインの考え方をこのブログの中で書きました。

今回は,文書を書く場合に適用するデザインの考え方に関する説明の2回目です。基本の考え方は前回と同様に「まとまりを持たせて書く」です。

反復・繰り返し

一定の規則に基づいて要素を繰り返すことで,バラバラな要素をすっきり見せることができます。すなわち,規則性を強調することで文書の内容のまとまりを感じさせることができます。

以下は,反復・繰り返しの考え方を使って土砂崩壊の現場写真をまとめた例です。「写真の番号,写真,写真の内容に関するコメント」を1つの要素として,その要素を繰り返しました。

また,この例では,「デザインを考える(その1)」で書いた「整列・揃える=仮想のラインを考える」という考え方も取り入れてまとめました。

この例のように写真を整理すると整理結果にまとまりを持たせることができます。

また,デザイン・ルールズには「反復・繰り返し」について以下のような説明もあります。

例えば,この考え方を使って書いた文書の例を以下に示します。

パターンⅡは,パターンⅠの内容の一部(「(1)検討区間の現場状況」)を「反復・繰り返し」の考え方を使って書いたものです。

パターンⅠの書き方が“誤”でパターンⅡの書き方が“正”という意味ではありません。

しかし,パターンⅡの方がまとまりを持った書き方なので「(1)検討区間の現場状況」の内容がわかりやすくなります。

内容にまとまりが感じられる文書を書くことも“わかりやすい文書”を書くための条件の1つです。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • デザインを考える(その1)デザインを考える(その1) 2018年11月29日に掲載したブログで,現在の「6つのルールと17の書き方」は「バージョン3(Ver.3)」だということを書きました(こちら)。   「V […]
  • コミュニケーションの質コミュニケーションの質 先日,技術者の方を対象とした研修会で講師を務めてきました。研修会のテーマは“コミュニケーション”です。弊社では,「聞き手の立場になってわかりやすく説明しよう」をテーマとして,主に […]
  • 書くべきことを自分の頭の中ではっきりさせる書くべきことを自分の頭の中ではっきりさせる 先日,ある会社の社員研修で講師を務めてきました。   テーマは,「技術提案書を書くときに重要なこと」です。   国土交通省が発注する業 […]
  • “わかりやすい文書の書き方”の学び方“わかりやすい文書の書き方”の学び方 日経コンストラクションという雑誌があります。日経BP社が発行しています。書店では販売していません。月に2冊送られてきます。JTAPCOブログでもこの日経コンストラクションの記事に […]
  • 技術提案を考える場合には着目点を明確にすること技術提案を考える場合には着目点を明確にすること 2018年8月20日に掲載したブログのテーマは,「書くべきことを自分の頭の中ではっきりさせる」でした(こちら)。   このブログの中で,技術提案書の内容が明 […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る