要点法と卵との関係について

技術士の試験での答案を要点法に基づき書くことで,「わかりやすい答案」,すなわち,「読み手(試験官)に内容が明確に伝わる答案」が書けます。要点法とは,わかりやすい答案を書くための方法です。

要点法を簡単に説明すると以下のようになります。

◆「解答すべきことの要点」を考える
◆「解答すべきことの要点に関する説明」を考える
◆「解答すべきことの要点」と「解答すべきことの要点に関する説明」を使って答案を書く

要点法を卵に例えて説明します。

「~に関する課題を600字以内で書きなさい」という問題が出題されたとします。

600字で書いた解答の全体を卵と考えて下さい。卵の黄身の部分が,解答すべきことの要点です。白身の部分が,解答すべきことの要点に関する説明です。黄身の部分と白身の部分を合わせて600字になります。

すなわち,要点法とは,試験問題を読んだら,まず,「黄身の部分が何か?」と考え,次に,「白身の部分が何か?」と考えて答案を書く方法です。

もし,卵が白身だけだったら美味しくないと思います。黄身と白身があるからこそ卵は美味しいのです。答案も同じです。白身だけの答案では,読み手(試験官)に解答が明確に伝わりません。答案の中に黄身と白身があることで,わかりやすい答案,すなわち,読み手(試験官)に解答が明確に伝わる答案になります。

「地球温暖化の原因の一つとして,二酸化炭素の増加があります。あなたが考える二酸化炭素の増加を防ぐ対策を書いてください」という問題があったとします。そこで,以下のような解答を書いたとします。

次のような対策を行うことである。

①冷房の設定温度を1℃高く、暖房の温度を1℃低く設定すること
②待機電力を50%削減すること
③風呂の残り湯を洗濯に使うこと
④買い物袋を持ち歩くこと
⑤家族が同じ部屋で団らんし、暖房と照明の利用を2割減らすこと

この解答は,白身だけの卵のようなものです。黄身がありません。では,要点法を使ってこの答案を書き直すとどうなるでしょうか?

4月9日(土)に実施する講習会では,「要点法によるわかりやすい答案の書き方」をわかりやすく解説します。すなわち,黄身と白身のある答案の書き方をわかりやすく説明します。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

  • 不合格の原因分析不合格の原因分析 10月31日(火)に技術士第二次試験での筆記試験の合格発表がありました。 めでたく合格された方,残念ながら不合格だった方・・・様々だと思います。 合格された方は口頭試 […]
  • 技術士試験の当日の朝のこと技術士試験の当日の朝のこと 平成28年度の技術士の試験も来週の日曜日と月曜日に迫りました。あと数日です。受験生の方々は試験モードに入っていると思います。 技術士試験の当日の朝のことでいまだに覚えている […]
  • 転んでもただでは起きない(来年の合格に向けて)転んでもただでは起きない(来年の合格に向けて) 平成28年度の技術士の試験が昨日終わりました。 受験生の皆さん・・・長期間の受験勉強ご苦労様でした。手応えがあった方,残念ながら結果を出せなかった方,合否がまだわからない方 […]
  • 受験勉強の環境と合格率受験勉強の環境と合格率 受験生の方々は,それぞれ違った環境で技術士試験の受験勉強をします。 ■パターンⅠ:会社の支援が受けられる環境で受験勉強をする人 *例えば,会社で受験対策の勉強会を […]
  • 敵を知り己を知ること(受験勉強の戦略と戦述)敵を知り己を知ること(受験勉強の戦略と戦述) 平成28年度の技術士の試験が終わってから一週間が経ちました。 残念ながら結果を出せなかった方は来年必ず合格できるように勉強してください。 来年の合格に向けて重要なこと […]


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る