日本語は美しい

「上を向いて歩こう」を作詞したことでも有名な永六輔さんが,昨年(2016年)7月7日に亡くなりました。享年83歳でした。

永さんは,多才な方で,タレント,随筆家,作詞家,放送作家として活躍されていました。また,ラジオ番組のパーソナリティーとしても活躍されていました。

永さんがパーソナリティーを務めていた番組の中で,私が時々聞いていたのが「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」でした。土曜日の8時30分から13時まで,関東ではTBSラジオで放送していました。

この番組の中で永さんは時々日本語の美しさを語っていました。その中で私が最も印象に残っている話が「雨に関係する言葉のこと」です。

詳しい話の内容は忘れましたが,「日本語には雨に関係する言葉がたくさんある。その一つ一つに趣がある」というような内容だったと思います。

日本では,そろそろ梅雨のシーズンです。先日,永さんのこの話を思い出し,雨に関係する言葉をネットで調べてみました。

こちらのサイトが詳しく「雨に関係する言葉」を紹介していました。

会話の中などでよく使う言葉もありますし,初めて出合う言葉もあります。

「小糠雨」,「五月雨」,「小夜時雨」,「秋霖」,「涙雨」,「白雨」,「氷雨」・・・本当に美しい言葉だと思います。

小説家の藤沢周平氏の小説の中に「時雨のあと」,「時雨みち」,「驟り雨」というタイトルの本があります。これらの本のタイトルには「雨に関係する言葉:時雨・驟り雨(驟雨)」が入っています。

雨に関係する言葉を小説のタイトルに入れると,小説の内容に対してやさしさ,寂しさ,悲しさなどを感じます。

藤沢周平氏の話題をもう1つ・・・

藤沢周平氏の書いた小説の中で,「橋ものがたり」というタイトルの本があります。江戸の橋を舞台にした内容の短編を10話集めた本です。藤沢周平氏は好きな小説家の一人ですが,この本は,これまでに読んだ藤沢周平氏の中で最も好きな本です。読んだあとの心地よさが好きです。

この本の中に「小ぬか雨」,「氷雨降る」というタイトルの短編があります。小説のタイトルに雨に関係する言葉(小ぬか雨,氷雨)が入っています。

藤沢周平氏のことを書いていたら,急に,藤沢周平氏の本が読みたくなりました。これまで「橋ものがたり」を何度も読みましたが,今読んでいる本が読み終わったら,また,「橋ものがたり」を読んでみようか・・・。

ところで,「梅雨」も,雨に関係する言葉です。調べてみると,梅雨に関する言葉もいろいろあります。

*走り梅雨

*梅雨晴れ

*梅雨雲

*送り梅雨

日本語は本当に美しいと思います。

にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは,技術者の方々を対象にした「文書をわかりやすく書く方法」に関する社内研修を行う会社です。

ジェイタプコは,6パターンの研修プログラムに基づき,「文書をわかりやすく書く方法」を指導致します。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,160円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,376円  Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,808円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。
トップへ戻る