技術士第二次試験対策:解答を事前に考える(その3)

前回のブログの中で,「『解答の主旨と解答の主旨の説明』を考える」について書きました。今回は,これを深堀した内容です。

■解答を事前に考える
2022年4月13日に掲載した「会話から考える論文の書き方(その2)」をテーマにしたブログの中で以下のような問題を書きました。

キャッシュレス決済のメリットについて2つ述べよ。

 

この問題に対して以下のような解答を書きました。
=

キャッシュレス決済のメリットとは,「店舗などの事業効率化」と「スピーディーな決済の実現」である。キャッシュレス決済にすれば,閉店後に行う集計時の現金の確認や売上金の銀行への入金などが省け現金管理業務が効率化される。また,現金を夜間金庫に預けることもなくなる。キャッシュレス決済にすれば,現金とお釣りの受け渡しがないため素早く決済ができる。また,キャッシュレス決済をする人が増えればレジでの持ち時間が短くなる。

解答を事前に考えるとは,例えば,以下のようなことを考えることです。

★解答の主旨-店舗などの事業効率化
★解答の主旨の説明-集計時の現金の確認,売上金の銀行への入金

★解答の主旨-スピーディーな決済の実現
★答の主旨の説明-レジでの早い決済,待ち時間の短縮

すなわち,解答の主旨(解答の軸になるもの)キーワードなどでまず問題用紙の空きスペースに書き出し,次に,解答の主旨の説明(解答の主旨に関すること)キーワードなどで書き出します。これは,解答の主旨と解答の主旨の説明を使って解答の骨子(解答の骨組み)をつくることです。

解答を書く場合には,解答の骨子(解答の骨組み)に文や文章で肉付けをして解答を答案用紙に書き出します

このように,「解答の主旨と解答の主旨の説明」を考えて論文を書くことで,頭の中を整理して解答を書くことができ,試験官に解答が明確に伝わる論文を書くことができます。

また,解答の骨子(解答の骨組み)を考えることで,解答を答案用紙に書き出す前にその内容が確認できます。答案用紙に書いた後の確認では,修正したい箇所があっても時間の関係から修正ができないことがあります。

試験場では、解答の主旨と解答の主旨の説明を使って解答の骨子(解答の骨組み)を作り、それを確認したうえで論文を書いてください。

この記事を読んだ方は、こちらも閲覧しています。

企画&提案する技術士事務所 有限会社ジェイタプコ

ジェイタプコは「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えする会社です。

あらゆる分野・職種の技術者の方々に、研修やセミナーを通して「内容が明確に伝わる技術文書の書き方」をお伝えします。

ジェイタプコ代表・森谷仁の著書
マンガでわかる 技術文書の書き方:「伝わる」から「明確に伝わる」へ オーム社
2,640円 Amazonで購入する
技術文書の書き方として,「内容が明確に伝わる技術文書の書き方の技術」をマンガで解説した内容です。
「技術者のためのわかりやすい文書の書き方」オーム社
2,200円 Amazonで購入する
事例を示しながら17の書き方の使い方を解説しました。
「技術士第二次試験 建設部門 答案作成のテクニック 5つの手順で書いてみよう」オーム社
2,420円 Amazonで購入する
答案の書き方を学びたいと考えている受験生の必読書です。​
「技術士第二次試験 建設部門 完全突破」オーム社 水村俊幸共著
2,860円 Amazonで購入する
技術論文の書き方を、基本編と実践編に分けてわかりやすく解説しました。


にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

トップへ戻る